プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。現在までに10巻刊行。連載中。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

年の終わりに大失敗

Category : 雑記
今日は以前からお誘いいただいていた某週刊誌の編集氏と初顔合わせの予定があった。
年内提出原稿が上がって以降、久しぶりのマストスケジュールで身の引き締まる大事なお仕事
……の筈だったのだが。


寝坊した。


待ち合わせ予定の13時ジャストに編集氏からの電話で起こされたのだ。
最低最悪の年納めであり、最低最悪の初対面だ。

奇声を上げながら飛び起きて平謝りして超速で身支度して、
徒歩15分の距離を原付で飛ばして駅前に着いたのが13時12分。
我ながら潜在的機動力に驚いた。

着いた直後はアワアワしてマトモに喋れない始末だったが、
編集氏が良き人だったので笑って許してくれた。
打ち合わせはいい感じでお話できたので、来年実を結べばいいな。

さてさて、明日は我がスタジオの忘年会と某作家さんの忘年会のハシゴ。
もう本当に年末だなぁ。
風邪が流行っているから、それだけは気をつけよう。
スポンサーサイト

スマホニストがまた遠のいた…

Category : 雑記
未だにパカパカガラケ使いの俺だが、半年以上前からスマホ購入を検討している。
しかし、、、電気屋に購入延期を薦められたり、期待機種のスペックが低かったり、不具合あったり、、、。
そうこうしてるうちに半年が過ぎた。

そして待ちに待った全部乗せ機種が万を辞して登場した!
これぞまさに100点スペック!
発売直後に予約を入れて、初期出荷のレビューを見ていると…

…何やら欠陥だらけであちこちのスレで不満続出。
発売8日で発売中止の噂。

そこで正規ショップに行ってみた。
確かに「予約受付終了」と。
理由を聞くと「後継機が1月に発売になるから」
噂の不具合問題は?と聞くと「そんな報告は一切無い」の一点張り。
いや、不具合報道してたやん…。

もちろん解約してきました。
長く使うモノだから愛せないとね。

ちなみに今使ってるガラケはもうすぐ3年。
とても気に入っている。
あと1年くらい使うか?

明けました

Category : 雑記
明けましておめでとうございます!!

明けたのは仕事の話です。
長い仕事のトンネルから明けました。

お疲れ、俺!
おめでとう、俺!
…の気分です。www

では、久しぶりに夜の街へ繰り出そうか。

あと三日…

Category : 雑記
あと三日耐えれば今年やらねばならない仕事が全て終わる。
睡眠を削り、友達に不義理をし、運動不足と不摂生を重ねた半年。
その年季があとたったの三日で明けるのだ!

ただし、それには超えなければならない山がある。

五日分の仕事を三日で上げなければならぬことだ……。orz



あ、、、年明けまでにやらなきゃいけない仕事があるの忘れてた…

地元の名医

Category : 雑記
掛かり付けのKクリニックへインフルエンザの予防接種に行ってきた。
このKクリニックは「早いうまい安い」の三拍子揃った牛丼屋のような地元の名医なのだ。

この時期は医者にかかる人が多いのか待合室はごった返していたが、待ち時間もそこそこで診察室へ。
予防接種というのは予防率60%程度だそうで、あまり過信するなと注意事項を受けながらプチュッと一本。
流石名医、全く痛くなかった。(痛くない細い針使ってるだけだろうけどw)

帰りがけに先日の「耳下腺炎が御陰様でよくなりました~」と言ったところ、
「調べましたら、原因はやはり薬の可能性がありますね。気をつけてください」と。
このドクター凄いと思った。
なぜかと言うと先日の診察の時、俺が自己診断で耳下腺炎の原因がその10日くらい前に飲んだ鼻炎薬にあるんじゃないかとドクターに聞いたのだ。
その時は一瞬考えて「それは関係あるかもしれないけど、原因じゃないと思います」と答えていたんだが、ドクターはその後、ちゃんと調べて抗ヒスタミン剤が耳下腺炎の原因になりうると検証してくれたのだ。
患者の一言に疑問を持って勉強し直す謙虚さと熱心さと勤勉さが、あのスピーディーで的確な診断を可能にしているのだ。
改めて感心した。

医者だけじゃなく、プロってのはそういうモノなんだな。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
補足解説
耳下腺炎は普通、唾液腺に先天的な問題や石(結石)を持っている人が水分補給不足やストレスなどによって唾液腺炎(耳下腺炎)になる。理屈としては唾液が何らかの理由で出にくくなることで唾液管から細菌が侵入して炎症を起こすのだ。
俺は某抗ヒスタミン剤を飲むと副作用が強く出て、唾液が10日くらい出にくくなる。
つまり、先天性の異常や結石がなくても鼻炎薬が最近繁殖の原因になっていたのだ。…たぶん。

年末進行

Category : 雑記
月刊誌に年末進行は余り関係ないと思いきや、アニマル嵐は正月明けすぐの発売なので関係ありあり。
今まで付き合ってきた月刊誌がほとんど月中~月末発売だったからそう思い込んでいたんだな。

今日ネームが上がった。
プロットで詰まった割には担当氏の反応はよかった。
おかげでネーム直しも30分で終わって、原稿に取りかかっている。
正直助かった。
これ以上遅れたら本当に苦しいところだった。
今回は前回のように少女の群衆が無いから作画もそれほど大変じゃないと思う。
締め切りまであまり時間無いけど、ちゃんと作画できそうだ。

さてさて、今年最後の原稿がんばるぞ!p(^v^)q

~100%雨蘭

Category : 雑記
別ペンネームで描いていた連載最終回の原稿がが仕上がった。

単行本1冊分の原作付き企画漫画だったけど、無邪気と連載開始が重なったのと、
連載準備期間が短かったのでメチャクチャハードでした。
平均睡眠時間も2時間くらい減ったし、休日は月一くらいだったので遊びに出る事も稀。
運動不足でお腹まわりに贅肉がガッシリ付きましたw

その間、俺を助けてくれたのは担当氏、4人のアシスタントさん達、家族、アンケートやブログ等でコメントを寄せてくれた読者の皆様、その他俺の周囲の人達でした。
ありがとうございます。

とりあえずこれで別ペンネームのお仕事が終了したので、これからは暫く100%雨蘭で創作活動していきます。
来年は皆様に読んで頂く機会も増えると思いますので、応援よろしくお願いします。

……と、完全に年越しの挨拶のようになってしまった。www




ところで、その別ペンネームの連載ですが、、、この際広告も兼ねて公表します。
作品タイトルは「ワイルド7
1969年から10年間、週刊少年キングで連載された望月三起也先生の漫画をもとに、現代版として新たに製作された映画「ワイルド7」のコミカライズです。

映画は12月21日から全国の映画館でロードショーします。
漫画は12月26日、単行本が少年画報社より発売されます。

気が向いたら買ってください。
ただし、ロリやエロ表現は一切ありませんのであしからず。

唾液腺炎・耳下腺炎

Category : 雑記
はい、またポンコツボディーの不具合報告です。

今朝突然、唾液腺炎というのになった。
過去にも何度かなっているんだが、今日のはとびきりヒドい。
唾液腺炎というのは、唾液腺に細菌が入っておたふく風邪のように耳の下がプックリと腫れてしまうのだ。
今まで耳下リンパが腫れていると思っていたんだが、掛かり付け医によると腫れているのは唾液腺らしい。

放っておくと炎症が酷くなって高熱を出す場合もあるということ。
細菌性が疑われるので抗生物質で完全にやっつけるということになった。
で、出たお薬がこれ。

SN3G0626_convert_20111203024318.jpg

半端に投薬すると耐性菌ができちゃうから、こてんぱんにやっつけようと思います。


ちなみに、炎症を起こした原因は過労と睡眠不足。
そして誘因はアレルギー性鼻炎のために飲んだ抗ヒスタミン薬だと自己分析しています。

あそこが悪い、ここが悪いと次から次に…。orz

Amazon商品一覧

QRコード

QR