プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。2017年9月連載終了。11月よりスピンオフ開始予定。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

自由って何だ

Category : 雑記
はじめに言っておくと、今日の日記は真面目で長くて
しかも基礎的な事をあえてネチネチ考察しているので退屈かもしれません。

このブログを見てくれている方々の大半は私の作品の
読者さんでしょうからとっくに理解している事だと思います
ですからむしろ無関係の方々に読んでもらいたいです。



言いたいことは1つ、「自由って何だ」ということ。
一般的な憲法解釈で言えば
「自由とは他者を害さない限り保証されるべき自己決定権」でしょう。

"自由"に対して"規制"というものがあります。

国や権力が自由を制限したり禁止したりすることが「規制」です。
この規制が無ければ他人同士が危害を加えあったり、
著しい不利益や不平等を生まないためにやむを得ず
設けられたルールです。

しかしこの権力による規制は"必要最低限"に止めておかなければなりません。
なぜなら、規制は前述の通り人の行動を制限し自由を奪うからです。
また些細なルールほど人はそれを犯しやすく、不平等を生みます

例えば「人を殺してはいけない」というルールは
他人の自由と尊厳を守る為に重大で必要なルールです。
しかもこのハードルを易々と越える人はそういません。

ところがもし「路上で話してはいけない」というルールがあった場合、
他人を害する可能性はほぼ無く、簡単に人はそれを犯すでしょう。
しかもそれを真面目に守ってる人が奪われる自由は重大で、
守らない人との不平等は計り知れません。

事程左様に規制に寄って我々が払うコストに比べて法益が薄い、
あるいは時代によって変化して必要性が薄くなった規制は
我々の自由と尊厳を守る為に権力に対し撤廃を求めるべきなのです。




この事を"ワイセツ規制"に照らして考えてみます。
法律によるとワイセツとは「健全な風俗を害するもの」なのだそうです。
皆さんの周りで健全な風俗はありますか?
私にはわかりませんが、取り締まる側の意見を推察するに
「ワイセツが存在しない状態」=「健全な風俗」なのでしょう。

ではこの法益は何か。
=健全な風俗が保たれる事。
なにやら禅問答のようです。

では"健全な風俗"が害された場合の被害は何か…。
この答えも禅問答ですがあえて書きましょう。
「風俗が不健全になる」

あえてトボケた書き方しましたが、
規制側目線でもうちょっと親切に言うと
「ワイセツ画像によって淫らな空気が蔓延するから」
という事なのでしょう。

果たしてその懸念は妥当でしょうか?

ワイセツ画像の使用実態を考えてください。
我々はワイセツ画像を町中で堂々と見たり
駅前でワイセツビラを配ったりしますか?

我々は部屋でコッソリ自慰行為のお伴に使うだけです。
そしてスッキリして街に出ます。
それはマンコに消しが入ってようが入ってなかろうが
使い方も効果もほぼ同じです。
モロ画像が解禁になったからと言って町中で堂々と
広げて自慰なんてしませんよね?



さて、もう一度、ワイセツ画像規制がもたらす法益って何でしょう?
まさか権力は自慰行為を害悪だと考えているのでしょうか。
だとしたら我々は自慰行為の自由を国に制限されているのです。
自慰行為が社会や他人に対して害をもたらすなら
国は我々にその根拠をシッカリと証明すべきです。

あるいはワイセツ画像でムラムラする人が多発して
それによって性犯罪が増えるという事でしょうか。
はなはだナンセンスです。ナンセンス過ぎて以下略。

ではワイセツ画像規制によって払う我々のコストは何でしょう?
それは地味に自由を奪われていることです。

しかしこの地味に奪われる自由というのが曲者でありとても危険なのです
問題は自由をどれだけ制限したかではなく、
自由を規制したか、自由を制限していないか、です。

マンコを見たいという男の欲求は本能に組み込まれているので
未来永劫尽きる事は無いでしょう。
その欲求を満たす為によりモロに近い画像が選ばれるのは当然の事です。
しかし地味に見えない曖昧なラインで法規制がかかっているので
あるところで当局に寄って違反と判断されます。
しかもその規制というのは一般の人々にとって地味でとても些細な不自由です。
ですから「まぁいいか」と我々が憲法で保証されている自由の一部を
簡単に放棄してしまうのです。
しかし「些細なら従っていればいい」という考えは
憲法を国に守らせるという観点から言えば全くの間違いです。
理由無く従う事を許してしまえば、我々は自由を理不尽に制限されている事に
慣らされてしまいます。

この慣れが生じた社会では、今後どれだけ表現の自由が規制されても
「まぁしかたないか」と簡単に表現の自由を手放してしまうのでしょう。
現在の多くの大手マスコミがそうであり、戦前の日本全体がそうであったように。

些細な規制ほど危険であり、不必要な規制の撤廃を権力に求めるべきだ
というのはその点にあります。



ちょっと目線を変えて児童ポルノについて話したいと思います。

スウェーデンはフリーセックスの国だと言われていますが
児童ポルノは禁止されています。
何故か。
日本なら「子供を性の対象として見るのは異常だから」や「危険な思想のロリコンを増やすから」
といった子供じみた似非道徳的固定観念で説明するでしょう。
ハッキリ言ってそれは思考停止です。

スウェーデンが児童ポルノを禁止している理由は

「子供の自由が保証できないから」です。

その証拠にスウェーデンでは子供の頃から徹底して性教育をし、
女の子は生理が始まるころからピルを飲み、
基本的には子供同士であっても自分の考えでセックスすることが許されているそうです。

しかし児童ポルノは様々な事情で子供が自己決定権を
奪われた状態で撮影された可能性があります。
具体的に言えば貧困や暴力です。
それがポルノという形で伝播し未来まで残ってしまう。
だから子供が他者によって望まないセックス(性的なもの全般)を強要される
心配の無い年頃まではポルノを禁止すべきだという考えです。

日本では子供に「見てはいけない 知ってはいけない」と
性そのものをまるで邪悪なもののように隔離します。
この発想自体が自由とは完全に真逆で同じ児童ポルノ禁止でも
似て非なる物なのです。



さて、話を元に戻します。
日本における成人マンガや成人向け雑誌の地位はとても低いと感じます。
それは法で規制されているグレーな分野であるという理由も
大きいかもしれません。


風俗産業に携わる人達も同様です。
グレーな法があるため、孃たちは店の強要や客の暴力があっても
訴え出ることも難しく肩身の狭い思いをせざるを得ない。
逆に売春が法的に認められているドイツやオランダでは認可制で
厳しく労働環境が制限されている代わりに一つの職業として認知されています。

今話題になっているダンスホール問題も
不必要な規制によってグレー営業せざるを得ない典型です。

先日、国家公安委員長が道路の速度規制に関する提言をしました。
省益や利権が強固な道交法にメスを入れたことは賞賛されるべきだと思います。
発言力のある人が勇気を持ってグレー分野にも
目を向けてもらいたいと切に思います。

「重大な事じゃないから規制しといてもいいんじゃないか」という人々の
無関心が些細な規制を許し、犯しやすいグレーゾーンを作る。
それによってそれを犯してしまった人の一部が権力に寄って拘束されたり
多大な社会的不利益を被っている現状を
エロ業界とは無関係な人にも分ってもらいたいんです。

「グレーで稼いでるんだから罰を受けても仕方ないじゃん」という
世論は誰がどんな目的で作っているのか、
「ワイセツって何だ?」「規制ってなんだ?」「自由ってなんだ?」
もう一度一緒に考えてみてください。


そして「こんな規制はおかしいよ」と思っていても口に出すのを躊躇っていた
議員さんやマスコミ関係者、個人ブロガーの方々もそれを声に出してください。



長文駄文失礼しました。
また、偉そうな物言いがあったとしたらお許しください。



参考までに

日刊サイゾー
「絶対に負けちゃダメだ」児童ポルノ法改定問題 スウェーデンからのメッセージ
https://www.cyzo.com/2013/06/post_13538.html

videonewscom 宮台真治 神保哲生
児童ポルノ禁止法改正案・「単純所持」を違法化することの意味とリスク
http://www.youtube.com/watch?v=Wl727iE8rvo
スポンサーサイト

ワイセツ図画規制って必要?

Category : 雑記
昨日は少し時間があったので白泉社に出向いて
打ち合わせをしてきました。

普段は私の最寄り駅まで来てもらっているのですが、
担当氏が校了作業中だということと、
私が知り合いのお店に行く用事が重なって
お互いに都合が良かったのです。
それから会社近くで打ち合わせすると美味い店で
食べさせてもらえるオプションも付いてくるのでwww

打ち合わせが終わったのが20時くらい。
ところが行こうと思っていたお店が急な都合でお休み。
期待していた呑み友達も捕まらず。
空振り続きで結局どこにも行かず家路につきました。

でも飲んで帰るつもりだったからどうしても諦めがつかなくて
近所に住んでる平良君(「フィールドの道化師」不定期連載中)を
急遽電話で呼び出して前々から行きたいと思っていた駅前の歓楽街へ。

2人で店を物色しながら20分くらい歩き回って
一軒のスナックへ突入。
人生初スナックです。
大人のたしなみとして行きつけの店を持ちたいと切望していたにもかかわらず
なかなか入る勇気がなかったので遂にといった感じです。
ドキドキでしたが店は気楽な感じで、お酌してくれた女の子達もとても
話しやすくて気楽な店でした。
2人で2時間居てボトル入れて12000円。
女の子が居る店にしては多分お手頃です。

何度か編集さんにキャバクラに連れて行ってもらったことあるんですが
通り一遍の会話と妙な営業男女トークと女バトル臭が鼻について
馴染めなかったんですが、スナックはギスギスした感じが全く無いので
非常にくつろげて楽しかったです!

ちなみにそのお店、少女漫画家の新●まゆさんがデビュー前に2年間
務めていたお店らしく、店のマスターが自慢げに話してくれました。
新●まゆさんのドキュメントでテレビ取材も来たそうです。
だから伏せ字にするようなことも無いんですがね。(^^

ボトルも半分以上残ってるしまたフラ〜ッと一人で行こうと思います。
むむっ オトナっぽい!w



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このところ、どうやったら「エロ=不健全」という固定観念を捨てて
一般の人がワイセツ規制問題に関心を持ってくれるだろうか、
そんなことをずっと考えていますが自分には政治能力が無いので
小さな声を上がる事しか出来ません。
もし皆さんがワイセツを規制する法の不自然さに
気付いているなら、その考えを声に出してください。
そして規制に無関心の人や政治力のある人の耳に届けてください。

私は児童ポルノ法によるマンガ規制反対だけでなく
ワイセツ図画規制に反対です!


以下、自分のツイートを転載します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ワイセツ規制法の法益についてちゃんと考え直す必要があると思う。
IT時代になって海外サーバーからの"ワイセツ物"が
日本の健全な風俗を害しただろうか。
"モロ"が誰かを傷付けただろうか。
極めて個人的で健全な行為が豊かになったこと以外に
その影響が思いつかない。

大手マスコミは「ワイセツ規制」を対岸の火事とせず、
権力を監視する本来の役割を果たして欲しい。
ワイセツ規制強化が声高に叫ばれる今こそ
ワイセツ規制法の根拠を問い直す時期です。
黙認すればじきに政府批判も”不謹慎”な時代
が来るかもしれませんよ。

のんびり夏を楽しむぞ!

Category : 雑記
やっと原稿提出したー!

もうすぐ上がる…という状態から思いの外時間かかった。
いや、予想はしていたんだが、髪の毛が白かったりトーンだったり
すると仕上げに手こずるんですよ。
黒髪だと紙原稿の段階で時間かかるんだけどトーンはラク。
ま、どっちにしても同じくらい時間かかるんですね。(^^;)


今回提出した原稿で取りあえず夏の仕事ラッシュが一旦終了しました。
あとはコミケに向けてコマゴマした物を作って
それから無邪気のネームを2本分一気に書く予定。

それを8月下旬くらいまでゆっくり描く。
昨年の教訓から、夏は休み休み仕事することに決めたのだ!
夏のド真ん中にガッツリ仕事を詰め込むもんじゃない。
予定通りであれば今年は5日くらい休めるハズ!

8月は無邪気4巻とコミケとビアガーデンだーーー!!

しゃいがーる

Category : 雑記
お久しぶりです。
このところちょっと過ごしやすいのでバテずに仕事できてます。

B5表紙_RGB350-

こちらが同人誌の表紙です。
コミケでは会場限定でちょっとした特典も配布予定です。
コミケ参加できない方はとらのあなさんとメロンブックスさんで
予約受け付けてますのでそちらで是非。


今回のテーマはタイトル「しゃいがーる」で
お分かりの通り「恥じらい」です。

やっぱりあけすけなワイルドファックより
「いやぁ…恥ずかしぃ」ってちょっと着崩した涙目の女の子の方が
エロいじゃないですか!

ブルンブルン揺れるはしたない爆乳より
小降りで慎ましいお胸の方が萌えるじゃないですか!

まぁ、あくまで私の趣味ですが、ここに集う人はきっと
同じような傾向の変態さんでしょうから
だいたい賛同してくれるでしょうね。w

というわけで、
恥ずかしがりつつ感じちゃっう女の子…
「しゃいがーる」お楽しみに〜。/(^^)

マメとカリ

Category : 雑記
今日は少しだけ過ごしやすい気候の一日でしたね。

只今8月掲載予定の無邪気の原稿執筆中です。
けっこう締切りがギリギリなので焦ってます。
それで最近ブログ更新も疎かになってました。
特に報告するような事件も無かったってのもありますが…。


そう言えば、先日上がった同人誌の原稿をやっと入稿しました。
そうしたら印刷所さんから電話があって
陰部の修正を強化してくれと言われました。
商業誌ではマッシロシロスケが出てしまったので
同人誌ではギリギリを狙ってみたもののやり過ぎたようです。

相手は若い女性の方だったんですが
「8ページ目のオマメを隠して それから次頁の男性器のカリを右側まで…」
と親切丁寧に修正強化箇所を10カ所くらい電話で伝えてくれました。
ごちそうさまでした …じゃなくて、お手数おかけしました!

同人誌の表紙などをアップしようと思ってたのですが
そろそろ寝ないと明日またアシさんが朝から来るので。
おやすみなさ〜い。

禁句

Category : 雑記
ああ、もう溶けそうです。
つまりこの気温によって元気が出な
いという比喩です。

あまりにも急な上昇だったので
つい先日までのジメジメの方がまだマシと思う程
いじょうな気候ですね。

あの頃は夏が大好きでどんなに日差しが
つよくても外で遊んでましたなぁ…と、遠
い子供の頃の事を思い出します。

あたまがボーっとしてきました。
つかれてるわけじゃな
いけどグッタリです。でも

あの言葉を発したら負けだと思うので口を
つつしんでます。
いじです。体力に自信の

ある方も過信せず体調管理には気を
つけて夏を乗り切ってくださ
いませ。

あら、そろそろ昼時ですね。
つめたい物でも食べに近所のファミレスに
いってきます!



あ、追記です。
ついに同人誌の原稿が上がりました。これから
いんさつ所に諸々問い合わせたり

あと書店さんに新刊登録したり
つらつらやろうと思
います。

あ〜
つら
い。

同人本文あがり〜

Category : 雑記
同人の本文が描き上がりました。
あとはもう表紙とあとがきと目次と…奥付と…中表紙と……

けっこうあります。((^^;

とりあえず一段落したのでコミケでプレゼント&販売する
エコバッグの完成予想図を合成してみました。

img55774923.jpg

こんな感じです。
実際とは微妙な違いはあるかもしれませんが
だいたいこんな感じになるはずです。

絵は表紙をアレンジして普段使いできる感じにしました。
真ん中の文字は「Girl is too soon.」と書いてあります。
直訳すると「少女はあっという間に」
つまり「いつの間にか少女は」です。
単行本のデザイナーさんがカバーに付けてくれた文言を
拝借したものです。



ところで「いつの間にか少女は」が
アマゾンさんから消えてましたね〜。
児ポ規制すか…。

「いつの間にか消去とは」orz

難儀な世の中すなぁ〜。

という訳でこのブログ右側のリンクを
「無邪気の楽園ドラマCDつき限定版4」に差し替えました。
アニマル嵐付録ドラマCDを聴いて「イイッ!!」って
思った人は是非限定版をどうぞ!

4巻とかCDとかコミケとか告知いろいろ

Category : 雑記
もう今年の半分が終わりましたね。
「今年は時間に余裕作って月に2日は遊ぶぞー!」と
思ってたんですが、予定外の仕事がガッツンガッツン入ってきて
結局月1も休んでません。
今年の後半は遊ぶからな!
飲みに行ったり、合コンしたり、バーベキュー行ったり、
ビーチで女子達とアハハハハ〜〜〜ン!

orz む、、空しい。
真面目に働きます。


まずはお知らせ。

無邪気の楽園4巻の予約が各書店さんで開始されました!
ドラマCDつき限定版も同じく予約開始です。
こちらは恐らく数量限定(まだ未定)だと思いますので
絶対手に入れたいという方はお早めにご予約ください。


それから、7月5日金曜日発売のヤングアニマル嵐に
ドラマCDが付いてくるので絶対にお忘れなきよう!
この付録に収録されているストーリーは
4巻限定版には収録されていませんので
買い逃したら二度と手に入りませんよ〜!

雑誌についてはいつも「読んでください」としか
書かない私ですが、今回は是非、是非、是非!
ヤングアニマル嵐買ってください!(^o^)


で、
只今同人誌のペン入れ〜仕上げをしています。
今回も前回と同様28ページの本を作る予定なんですが、
内、漫画がガッツリ20ページになっちゃいました。
本当は2ページくらいイラストでも描こうかと
思ってたんですが話が膨らんじゃいました。 (#^.^#) テへ
描き上がったらちょい見せしますね〜。

それから、今回もコミケ限定の全員特典企画考えてます!
まだ仕様は決定してませんがお楽しみに。


今日はまだ大事なお知らせがあります。
「いつの間にか少女は」をご購入のみなさんへ!
単行本の帯、捨てないでください!

事前のネガティブな情報がある中で「いつの間にか少女は」を
購入して頂いた感謝の気持ちと諸々複雑な感情と
微妙なオーマイガッを込めまして、
コミケ会場にてプレゼント企画やります!

コミケ当日、私のブースに単行本の帯を持参して
来てくださった方先着100名様(多分実質全員?)に
オリジナルエコバッグをプレゼントします。
少量ですが販売も予定しています。
デザイン等、詳しくは追々。


さて、原稿もうひと頑張り!!

メールフォーム

「RED ZONE」取り置き専用メールフォームです。 お名前(仮名可) メールアドレス(フリーメール可) 件名(取り置き) 本文(希望個数。お一人様3個まで)をお書きください。

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon商品一覧

QRコード

QR