プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。2017年9月連載終了。11月よりスピンオフ開始予定。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

雨蘭の起源

Category : 雑記
「雨蘭」という名前を持ったのは今から10年程前のこと。

その頃は一般誌の持ち込みに破れて再起を模索していました。
ワニマガジン社でデビューしたもののエロ作家になりきれず気持ちが一般誌ばかりを向いていましたが、3年間はよそ見をせずエロマンガを追求しようと決意したのもその頃でした。

どうせ打ち込むなら自分の中のとりわけビビットなエロを探すべきだと思った俺は、エロの原体験を漫画にしようとロリコンジャンルを選びました。

ロリ漫画第一作目を描き上げて提出した数日後、所用で外出していると編集長から携帯に電話がかかってきました。
「ペンネームはどうしますか?」
作風を変えたのだから名前も変えようと話してはいたものの決めかねて放置していた問題でした。
ロリ、小さい女の子、原体験、、そこから連想して咄嗟にでた言葉が「うらん」でした。

私は幼稚園のころ、2枚のハンカチを持っていました。
1枚は闘将ダイモス。
もう1枚は鉄腕アトムでした。
そこにはアトム、アトラス、奥にプルート、そしてウランちゃんが描かれていました。
その頃の俺にとってウランちゃんは小さな可愛い女の子の象徴だったように思います。
その記憶が咄嗟に呼び覚まされたのかもしれません。

編集長は「可愛くていいじゃないですか」と即決でした。
電話を切ってから簡単に決め過ぎたと少々後悔しましたが、今はそれで良かったと思っています。

咄嗟に出た響きがきっと俺の深層心理なのですから。


追記:読み返したら日本語として酷かったので加筆修正しました。
   睡魔と戦いながら文字打ちしてたので…お恥ずかしや。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

Amazon商品一覧

QRコード

QR