プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。現在までに10巻刊行。連載中。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

しらすは骨に注意して食うべし

Category : 雑記
落語のサゲようなタイトルだが、本当の話。

一月くらい前のこと。しらす飯を喰っていたら舌にズキンと激痛が走った。
慌てて口に指を突っ込んで舌を触るとトゲのようなものが刺さっていたので、
ゆっくり摘んで引っこ抜いた。
白くて半透明の細長い物体…何かの骨のようだった。

抜いた直後はチクチクと痛んでも気にしなかったが、それが3日経っても一週間経っても小さな腫れと小さな痛みは消えない。
どうやら刺した物体の先端が舌の肉中に残ってしまったらしい。

骨ならそのうち溶けて吸収されるだろう。
でももう一ヶ月経つが刺した当日と全く状態が変わらない。

わざわざ医者に行くほどのことじゃないし、
肉に埋まった小さなトゲの先を医者だって見つけられるはずもない。
もし刺さったそれが骨じゃなくて貝類の何かだった場合、一生吸収されないのかな…。

という訳で皆さん、しらすの骨にはご注意を!
スポンサーサイト

非公開コメント

  

Amazon商品一覧

QRコード

QR