プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。現在までに10巻刊行。連載中。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

…とは書いたものの

Category : 雑記
一昨日の日記の一部を訂正する。

仕事をギュウギュウに詰めてしまっているのは自分の選択だ。
去年の後半は選択の余地の無い殺人スケジュールだったけど、今年に入ってからは選択可能な仕事を自分で詰め込んでいるんだ。
愚痴をこぼす資格は無い。
それと、愚痴る程追い込まれてないし仕事も順調で楽しいから言うほど苦じゃない。

セクハラできるような女子が居ないのは残念だが、居たら居たでそんなに良い事は無さそうだ、、、俺には。


一昨日「Steins gate」2巡目見た。
やっぱり23話で号泣メーン!
独りで奮闘し絶望に陥った鳳凰院凶真が再び希望を得る瞬間。
最高にゾワゾワくる。


それから昨日「涼宮ハルヒの消失」を見た。
「消失は良いので」という勧めを信じてあのテレビシリーズを全部見るという苦行を終えた上で万を辞して。

そして見た「消失」、期待が高過ぎたのか、感想としては「まぁ悪くないけど…」。

確かにハルヒの出演時間が極僅かだったのでテレビシリーズに比べたらフツーに見れたし、長門と朝比奈さん大人バージョンは可愛いのでそこそこ楽しめたんだが…。
どうしてあの作品が愛されるのか…まだ理解できない。
アニメ史的文脈で見ればいいんだろうか。
俺がキョンなら、やっと無関係になれたハルヒと縁を切るんだがなぁ。
スポンサーサイト

非公開コメント

  

Amazon商品一覧

QRコード

QR