プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。現在までに10巻刊行。連載中。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

打ち合わせしてきた

Category : 雑記
無邪気の楽園の打ち合わせをしてきました。
ネタは殆ど出来上がった状態で打ち合わせに臨んだので、細かいところの演出を擦り合わせて終始和やかに進んだ。
悩んで悩んで絞り出した時よりお気楽にイメージを紡いだ時の方が結果的に出来が良い事が多い。

あっという間に次回分の打ち合わせが終わったので、この先数話分の流れなんかもざっくり話し合った。
以前はいつ打ち切りになるか分からないという中で描いていることが多かったので、先の話ができるってのは幸せな事だと思う。




コレ、一押しの消しゴム!トンボのdust CATCH
売り文句は「消しクズをキャッチ」なのですが、俺が注目しているのは紙への喰い付き(グリップ)がメチャクチャ良いということ。
絵を描いていると文字より圧倒的に濃い密度の鉛筆を消す事があります。
そうすると消しゴムの使用面に黒光りするくらい黒鉛が付着して次に消す時に紙に擦り付けて汚れてしまいます。
しかしこの消しゴムはその現象が起きにくいんです。

まとまるクンを筆頭に、消しクズが出にくい消しゴムは多々あり、上記の現象も起きにくかったんですが、だいたいネバッとした感触で、細かい所を消すのにはあまり向いていませんでした。
しかしこのダストキャッチはポリマーが入っているようで、表面が常にサラサラしているので、細かい所も軽く消せるんです。
しかも小さくなっても消しゴムとしてのスペックが落ちない!

今までかなりの数の消しゴムを試してきましたが、今のところこのダストキャッチが抜群に良いです!
絵を描く人にも、オフィスで書類を扱う人にも、オススメです!
スポンサーサイト

Re: 御礼

>Sさん
メッセージありがとうございます。
頂いたメーッセージにSさんの思いがたっぷり込められていて心に沁みました。

私は現在、とても楽しんで執筆できています。
私の役割がそこにあると思えることは幸せなことです。
こちらこそお礼申し上げます。

雨蘭
(クローズで投稿されていたので、内容に触らない所でお返事書きました。)
非公開コメント

  

Amazon商品一覧

QRコード

QR