プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。2017年9月連載終了。11月よりスピンオフ開始予定。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ダークナイトライジング試写

Category : 雑記


10日程前、某ヤングキング編集氏からチケットが送られてきた。
25日の夜に開催される「ダークナイトライジング」の舞台挨拶付きプレミア試写会のものだった。
その時ちょうど来ていたうちのスタッフが映画大好きで、激しく羨ましがってたので一緒に行く事になった。

ところが、どこぞのジョーカー気取りのクレイジーが銃乱射してくれちゃったから来日イベント中止になってしまった。
まぁ、仕方ないけどね。

それで試写会当日。
思いのほか入稿に手間取りそうだったので先乗りのスタッフさんにチケットを指定席に変えてもらって、開演ギリギリに入場した。
入場ロビーでは物々しい警備と空港並みのセキュリティーチェックがされていた。
模倣犯を警戒しの事だろうか。
ちょっと馬鹿げたパフォーマンスだなぁと思いつつゲートを通るとき、セキュリティで引っかかった一時預かり品が目に入り半分納得。
没収されていたのは一眼レフとか高性能の録画機器だった。(10台くらいあった)
どうやらあの金属探知機まで使ったボディチェックは観客の安全の為じゃなくて、映画の流出を防ぐためだったようだ。
上映前の館内アナウンスでもしつこいくらいに「録画、録音、記録、は禁止。見つけ次第没収して摘み出す」って言ってた。
そこまでせにゃならん時代なんだなぁ。
しかし試写会に何目的で一眼レフ??

映画の感想は、、、それなりに面白かったけど、バットマンビギンズとダークナイト両方見てないとちょっと辛い内容です。それから2時間40分もあるので鬱血してケツが痛かったです。
あと、何で敵のボスがあんな超人的に強いのか分からんかったし目的もイマイチ。
もし見に行く予定のある人は、予習してってください。
俺はビギンズ見てなかったし…楽しめた度60%くらいかな。(^^;)

でも、映画ファンのうちのスタッフさんは大満足のようでした。
スポンサーサイト

もしどちらか一本と言われたらダークナイトよりかビギンズの方が予習に向く感じでしたね。
3作とも面白かったです。

Re: タイトルなし

ダークナイトの引き継ぎエピソードとしてデント法が出てきてましたが、実はそれが無くても成り立ちますよね。
やはりビギンズ見ないと納得できないのか、、、。


> もしどちらか一本と言われたらダークナイトよりかビギンズの方が予習に向く感じでしたね。
> 3作とも面白かったです。
非公開コメント

  

Amazon商品一覧

QRコード

QR