プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。現在までに10巻刊行。連載中。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

帰国〜

Category : 雑記
南の島から帰ってきました!
念願の休暇、満喫してきましたよ〜!

外国なのに日本語通じ過ぎちゃって異国情緒はあまりなかったけど
天気に恵まれて最高の景色と風土でリフレッシュしてきました!!



写真はホテルの窓から見た景色。
ベタ過ぎて恥ずかしいくらいに南の島でしょ?w

滞在中、ホテルのプールや浜で遊んだり街でショッピングしたり、
それから射撃場で実銃撃ってきました。

実銃は2度目なんですが、前回はハンドガンが中心だったので今回はライフル中心のメニューで。
まず、cx-4stormという普通はハンドガンで使用する9mmパラベラムバレットを実装するアサルトライフル。
これは反動も軽く、擬音で現すなら「タンッ」という感じ。

次に米軍で採用されてるM16。
こちらは5.56mmと小口径だけど薬莢が大きくて火薬量が多いのでcx-4と比べると格段に反動が強い。
擬音で現すなら「バンッ」という感じ。

その次が共産圏やアラブでおなじみのAK-47。
扱いやすい銃だと聞いていたので勝手に軽いと思い込んでたんだが意外に重くて
撃ち味も「ガンッ」という感じ。かなりパワフルだった。
それもその筈。口径はM16と比べて7.62mmと2周りくらい大きい。

最後にショットガン。
何て銃か分らなかったけど弾は12ゲージというデカいやつ。
口径で言えば18.5mmになるらしい。
弾は散弾ではないスラッグショット。
スラッグと言っても弾が薬莢に2発入ってる。
しかもライフル弾じゃないから真ん丸の弾でライフル回転もしないので
恐らく距離があると集弾性に乏しい。
近距離でクマや鹿をぶっ殺すために作られた猟銃だ。
印象は「ドカーン!」
写真の的を外してるデカい穴がそれ。w
2発ペアで飛んでるのが分るでしょ。

ショットガンの弾はさて置き、写真見て分る通りけっこう真ん中に集まってるでしょ?
インストラクターにも腕が良いと結構褒められたぞ。
普段からエアガンで遊んでる成果か?w

旅行の日記の半分以上が銃に関しての感想になってしまた…。


ついでにあちらでの最高の食事は老舗高級ステーキショップのステーキでした。
まぁ、、、ディナーで7000円くらいしたから美味くなきゃ泣くが。あははは(^^;
とにかく赤身肉で超超美味いアメリカ流のステーキですた!!


さてさて、今日は近所の温泉ランドで疲れを取ったので、
明日からバリバリ仕事します!
スポンサーサイト

Amazon商品一覧

QRコード

QR