プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。現在までに10巻刊行。連載中。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

改変期でアニメが続々と…

Category : 雑記
この時期はテレビの改変期が近づいて続々とアニメが終焉を迎えてます。
特に注目して見ていた2期ものアニメが3つ終わりました。

まず「新世界より」
貴志祐介はまえから好きだったので注目してみてましたが
あの気持ち悪い空気がたまらなかったですね。
前半の思春期ホモレズ描写が邪魔でしたが、
後半の化けネズミの反乱はとても面白かったです。
悪鬼少女を倒すあたりはもう少し尺取って欲しかったです。
いや、でも毎週楽しませてもらいました!

つぎに…「ロボティクスノーツ」
これは期待以上ではありませんでした。
シリーズ前作のシュタインズゲートが傑作だったので
期待したんですが、膨らまりそうな世界観がラスト3話で
シュ〜〜っと萎んでしまった感じです。
それとエンジンかかるのもちょっと遅過ぎましたかね。

それから「サイコパス」
これは中々の良作でした。
終わり方も余韻があって良かったです。
ただ、、もうちょっとパンチが欲しかったかな〜。
22話もあったのにスケールが小さい印象です。
原因としては敵の恐ろしさや強大さが足りず、
危機感がなかったように思います。
でも毎回楽しんで見れました。
もし続きをやるなら見ます。


今後、ビビオペ、たまこ、テンペスト、その他
続々と最終回ラッシュが続くので
楽しみでもあり少し淋しくもあります。

閉め方一つでその作品の印象が悪くなることもあるので、
特に連載中の漫画を切り抜いたアニメは上手に終えて欲しいですね。
スポンサーサイト

Amazon商品一覧

QRコード

QR