プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。2017年9月連載終了。11月よりスピンオフ開始予定。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サバゲってきました

Category : 雑記
昨日、埼玉のとある室内サバゲ場で遊んできました。
主に漫画やイラストの作家さんとその関係者、総勢13名。
アニマルでお馴染みの連載作家さんもチラホラと。

初心者が半数ほどの会なのでゆるーくゲームを楽しむことをモットーに
怪我もなく楽しみました。

とは言っても普段運動していない俺らにしてみれば重労働なので
一日中銃を持って歩き回ったらそらもうヘトヘトになりましたよ〜。
体力の無さが身にしみます。


一般的にサバゲでは「フラッグ戦」か「殲滅戦」とうルールで行われます。
他にも趣向を凝らしたルールがあるんですが、
今回とても盛り上がったのが「ゲリラ戦」と「スパイ戦」でした。

「ゲリラ戦」は少数のゲリラが持ったタイマーを多数の正規軍が時間内にストップすれば
正規軍の勝ち、時間切れになったらゲリラの勝ちというルール。

「スパイ戦」は基本は「殲滅戦」(敵を全滅したら勝ち)と同じだけど、
互いのチームに一人ずつスパイが潜入していて、
一定時間経過後にスパイは自由に騙し討ちしてよいというルール。

共通して言えるのは、追う側と追われる側、
密命を帯びて行動する者とそれを探す者、という役割があるということ。
個々の目的がはっきりしているとドキドキ感が増して面白いんですね。
今後のゲーム作りの参考になりました。^^


さてさて、、、
原稿が遅れてるのでこのあと2週間は缶詰です。
スポンサーサイト

メールフォーム

「RED ZONE」取り置き専用メールフォームです。 お名前(仮名可) メールアドレス(フリーメール可) 件名(取り置き) 本文(希望個数。お一人様3個まで)をお書きください。

名前:
メール:
件名:
本文:

Amazon商品一覧

QRコード

QR