プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。現在までに10巻刊行。連載中。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

異常なし

Category : 雑記
胃がん検診の結果が届いた。



「現在のところ」って文言がちょっと怖いです。w


今期良作アニメの紹介です。
3月に入り各アニメともクライマックスに向けて盛り上がってきました。
その中で注目すべきアニメをいくつかピックアップします。

まずは「アルドノアゼロ2期」。
1期もめちゃくちゃ面白かったのでオススメしましたが、2期も面白いです。
ただ、1期に比べると主人公(伊奈帆)の能力が飛躍しすぎていてややリアリティに欠けるのと、
人間離れしたことで、ただでさえ感情移入しづらい性格の主人公が
更に見る側から離れていった印象です。
その代わりにもう一人の主人公格であるスレインの人間臭い物語が牽引しています。
あと、伊奈帆も姫様も簡単に生き返り過ぎだったかなぁ…と。
秀作になるか、駄作になるか、まだその線上にあるので最後まで期待したいと思います。


次に「ユリ熊嵐」!
これは異色です。監督があの「少女革命ウテナ」を作った人なのですが、
異色っぷりに拍車がかかっています。
こういうメタファーに溢れた寓話で、8割が意味不明です。
見るなら構成やら伏線やらを100%気にしない覚悟で臨んでください。
ぼんやり見ているうちに世界観と演出だけで面白くなってくるはずです。
クライマックスで何がどうなるかによって意味不明が意味不明のまま終わるか、
構築した世界観がある種の納得に落としてくれるかで評価は全く変わってしまう
危うい作品ではあります。
オープニングがエロくて可愛いくて好きです。


「純潔のマリア」
絵が素晴らしい。
近年のテレビアニメの中でもトップクラスな気がします。
主題と問題提起が良いので物語の進むべき方向が明確。
安心して楽しめる超良作です。
ただ…不幸な末路が予見されるのでソワソワします。
原作だと最後はどうなるんだろうか…?
主人こ達に小さな幸せが用意されてて欲しいなぁ。


「夜のヤッターマン」
キャラの配置と設定が面白く、とても楽しいアニメです。
ドタバタ鬼ごっこが続くので5話あたりからちょっと
マンネリ感がありましたが、最新話のガッちゃんの進化にはゾクッときました。
ラストに向けて期待大です。
敵のゴロー将軍が悪役過ぎてちょっと物足りない気がします。
暴力だけでなく「正論」を持たせるとより強いキャラになる気がするのですが…。



SHIROBAKO
四月は君の嘘
寄生獣 セイの格率
クロスアンジュ
…などなどご紹介しきれませんが
2期もので良い作品は他にも結構あります。

あと、今更ここで書くまでもないのかもしれませんが
アイマスって出来が良いですね。
デレマスをシリーズで初めて見ましたが、人気作の理由がわかりました。
ホント今更ですみません。

今期はかなり良作多いと思います。
あと、アニメではないのですが
Huluで「マジすか学園1」を見ました。
「学芸会の延長」と自ら明言するだけあって
その通りの完成度ではありますが、それも含めてとても面白かった。
スポンサーサイト

Amazon商品一覧

QRコード

QR