プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。2017年9月連載終了。11月よりスピンオフ開始予定。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

iMacが退院しました

Category : 雑記
iMacが退院してまいりました。
一週間と言われた入院予定日数より大幅に短く
3泊4日で帰って来ました。



今回のアップルの対応に点数をつけると…

100点!

・まず電話対応がよかった。
事前に診断ユーティリティで診断した結果を
ネットで報告するシステムがあったので
スムーズにトラブルの症状を把握してもらえたし、
オペレータの男性がちゃんとパソコンのことわかってた。

そしてこのキラーフレーズ
「こちらで修理すれば完全に直った状態でお戻しできますので
 ご安心ください!」
安心したぁ!

それから、無料保証期間内だってことも向こうが把握してて
保証書とか面倒無しで対応してくれた。


・集荷がラクで良かった。
クロネコヤマトと提携していて、電話の翌日に家まで取りに来て
iMac専用ケースで持って行った。超ラクちん。

・経過報告がある。
集荷から工場内のフェーズがメールで逐一届く。
修理完了とか出荷待ちとか。

・修理と報告書がちゃんとしてる。
今回の原因はロジックボードが故障していたらしく、交換修理したそうだ。

それから液晶ディスプレイにシミが発生していたそうで、
液晶パネルもついでに交換してくれていた。
液晶のシミ、俺は気づかなかったけど時間経過と共に目立つようになったんだろうか?
だとしたらとてもありがたい。

・退院が早かった。
普通に考えて修理工場行って帰ってくる期間としては恐らく最短だろう。


こんなわけで今回のトラブル対応は100点でした!

まぁ、トラブル発生が無料保証期限切れ一ヶ月前だったのがラッキーだっただけで、
もし期限切れ後だった場合、ロジックボードの修理に
3〜5万円かかってたと思われるので、
果たしてこんな高評価だったか?…と問われると疑問
  …いや、多分少し不満垂れてたと思う。w

いずれにしてもIMacはすごく気に入っている。
仕事場にあるパソは4台全てMacだし。
こういう対応してくれる限り、これからもマカーやろうと思う。


そういえば、、、近況。
明日、白泉社主催の100万部記念パーティーに行ってきます。
過去数年間で100万部突破された作家さん達4人と合同で
お祝いしていただく会です。
滅多に経験することのできない晴れ舞台ですので
張り切って行ってまいります!
スポンサーサイト

Amazon商品一覧

QRコード

QR