プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。2017年9月連載終了。11月よりスピンオフ開始予定。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

脱稿

Category : 雑記
アニマル嵐12月掲載分を脱稿した。

いつもは締め切りに追われながらの作画なんだが
今回は新アシスタント3人の仮採用期間があったので
余裕を持って予定を組んでいたのもあり、
日を余らせて仕上げることができた。
よかよか。

とことで
脱稿という言葉を使ってみたものの
自分的にはやはりシックリこない。

出版業界では原稿を書き上げることを「脱稿」というのだが、
「だっこう」という響きで思い浮かぶのは
亡き父が便所の後に「脱肛が痛い」と屁っ放り腰になっている姿だ。w

作者にとって原稿を仕上げることは喜びであり
間違いなくポジティブな状態なんだけど
脱税も脱糞も脱走も脱臼もそれぞれあまり良い言葉じゃない。

脱サラとか脱獄は囚われの身から
解放されるという意味で脱を使っている。
作者が作品を仕上げれば、産みの苦しみから解放されるので
きっと言い得てるんだろうけど…まるで作品が
脱ぎ捨てられた殻のようじゃないかと思ってしまう。

他に良い言葉はないだろうか…。
造語だけど「完稿」「成稿」「稔稿」「熟稿」
俺はそんなイメージで語りたいすな。
スポンサーサイト

Amazon商品一覧

QRコード

QR