プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。2017年9月連載終了。11月よりスピンオフ開始予定。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

クリーンな政治より…

Category : 雑記
マスコミは揚げ足取りと言われようが、偏向報道と政権から名指しされようが、
統治権力を厳しく監視して報道するのがお仕事で、
それが直接的にも間接的にも市民社会の利益になると私は思っている。

ただ、、、
舛添都知事に対する追及の仕方には少々疑問を感じています。

端的に私の考えを言えば、

「政治家が使う金には目をつぶっても、政治家が動かすお金に目を見張れ!」

ということです。

舛添都知事が私的に流用した金額が総額で何千万円になるかわかりませんが、
東京都の予算は総額で13兆円です。

知事が関与できる予算はその一部でしょうが、
オリンピック招致や都市計画、銀行運営など、巨大なプロジェクトの
方向性を決めるリーダーであります。

そのトップに立つ責任と権威あるリーダーをファーストクラスに座らせて
一泊15万の部屋に寝かせるくらい我々1300万都民の財力ならば屁でもありませんよ。

それよりよくわからん理由で「競技場が予算オーバーしたから都税から400億出してね」とか
言われて出しちゃうことの方が問題でしょう。
それをこそマスコミは叩くべきだと思うんですよ。

本当に国民、市民のためになる政治をする有能な政治家ならば
活躍しやすい環境で伸び伸びと能力を発揮してほしいと思うんです。

そして任期が終わった後に、会計監査院が全てチェックして
私的利用分を算出して粛々と請求し、退職金から全額天引きすればいいんです!


クリーンな政治家=良い政治家。と喧伝されて久しいですが、
有能な人間が金欲が薄いとは限らず、
市民愛の強い人が性欲が弱いとは限らず、
交渉上手が裏工作下手とは限らない。

つまりマスコミは、
好感度が高いとか低いとか身綺麗とか汚いとかじゃなくて、
我々から集めた巨額な税金をうまく使って我々の生命と財産と安全と文化と暮らしを
守ってくれる人かどうかをもっと報道してほしいということです。
その情報をもって選挙で投票したいなぁ…と。


最後に言っておきますが、私は舛添氏を支持してませんし、選挙では別の人に投票しました。
スポンサーサイト

Amazon商品一覧

QRコード

QR