プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。2017年9月連載終了。11月よりスピンオフ開始予定。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

報道に違和感

Category : 雑記
このところ大手ハンバーガーチェーン店やメガネ店が
万引き犯や暴行犯の写真を店先に貼りだしているという報道を見る。

昔は店先に万引き犯の写真が貼られているなんてよく見かけたけど
こんなのまでニュースになるのかと驚くとともに、この手の報道に違和感を覚える。

私刑が良くないのは当然だし、法律上は推定無罪が原則だ。
無罪の可能性のある容疑者に対し、回復不可能な人権侵害を犯す恐れもある。

今回のケースで言えば防犯カメラの映像から
犯人と断定して公衆に晒す行為はある種の私刑にあたるのだろう。

翻って、それを報じていた報道機関自身はその原則を守っているだろうか?
今回のケース以上の私刑を普段からやってないか?

犯人不明の防犯カメラ映像を流し、容疑者のプライベートを追い回し、
推論を元に人格否定と厳罰を求める世論を形成し、
警察発表を事実のお墨付きとばかりに垂れながす報道機関が
今回の小さな事案を「いかがなものか」という断罪姿勢で報道している
ことに幾重にも違和感を覚えてしまうのです。
スポンサーサイト

Amazon商品一覧

QRコード

QR