FC2ブログ

プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年〜2017年ヤングアニマル嵐にて「無邪気の楽園」、スピンオフ短期連載「無邪気の楽園パラレル」連載。ヤングアニマルにて「スキーターらびっと!!」連載後、現在「俺はロリコンじゃ無い!」連載中。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

PCR検査数水増し?

Category : 雑記
今年に入って日本でも新型コロナウイルスによる感染が拡大し、不安を抱えている方も多いと思います。

私自身、一週間ほど前に37.3度の微熱と強い倦怠感、頭痛、お腹の不調で1日ダウンしました。
立て続けに私の家族も似たような症状で発熱。
複数の友人家族も発熱や下痢、嘔吐の症状になりました。
また、ネット上で定点観測しましたが、この一週間で加速度的に「発熱と下痢・嘔吐」の症状を訴える人が増えてきています。

この症状が市中感染で広まっている新型コロナウイルスのものなのか、ノロウイルスなどのものなのかはPCR検査をしない限りは判別できませんが、発熱と胃腸症状が流行っていることは確かなようです。

ところで、報道されているようにPCR検査がなかなか受けられずに不安を抱えたり苦しんでいる方が多数いらっしゃるようです。
国内で可能なPCR検査は1日に最大約3800件となのに実際のところは1日900件に止まる、という報道がありました。
(2/26日報道)

まず、1日に900件という報道の根拠がどこにあるのか?
下のリンクは2/26日に一斉に報道された検査件数に関する報道内容です。
↓↓↓
「新型コロナ検査、実際は「1日平均約900件」



なぜ調べないの?
疑問に思ったので私なりに定点観測してみました。

以下は厚生労働省ホームページに掲載された新型コロナウイルスの発生状況データです。
詳細が分かる表の形で発表された2/20以降のデータです。


2/20〜2/24
~2:24

記事には18日〜24日に実施されたPCR検査は一週間で約6300件、1日平均900件と書かれていました。
しかし、表でご覧いただけるように、24日の時点でに実施された累計検査数が913件

1日の検査実施件数は100件未満。
1日平均900件の検査とはどこで実施されていたのでしょうか?

25日以降も見ていくと、1日平均100〜200件の実施が続きます。

2/25〜2/29
~2:29

3/1〜3/6
~3:6

そして更に不可解な数字が1日だけ現れます。
3月4日をご覧ください。

突然1日で3825件の検査が実施されています。
これは厚生労働省の公式データです。
全國の保健所の判断で実施された検査内容が集積しているはずです。
3月4日の1日だけ、保健所が突然検査を大解放したのでしょうか?

しかもこのデータは検査結果です。検査は結果がでるまで3〜4日かかると言われています。
検査機関によって違いもあるでしょう。
にも関わらずなぜこの日だけ異常に検査実績が上がっているのか?
とても不可解です。

3月4日のデータには更に不可解な点があります。

2:20~3:6
(陽性人数÷検査人数=陽性率)

3月4日の陽性人数をご覧ください。この日の新たな陽性患者は16人でした。
2月21日〜3月6日の陽性人数の平均は1日17.5人なので
3月4日の16人はほぼ平均と言えます。

しかし陽性率はわずか0.4%!

3月4日とその他の日では陽性率が大きくかけ離れています!

では3月4日には何があったのか?
こちらです。
↓↓↓
「ウイルス検査依頼を保健所が拒否 7道県で30件報告 日本医師会」


日本医師会がPCR検査実施拒否に関する記者会見を行った日です。
これは偶然でしょうか?

・3月4日に日本医師会がPCR検査実施拒否に関する記者会見を行った。
・3月4日だけPCR検査の結果が平均の24倍以上。
・3月4日だけ陽性率が平均の28分の1以下。

また、1日平均900件という数字の根拠も不透明です。
意図的に検査件数を抑えているのではないか?
その批判をかわすために検査件数を水増ししたのではないか?
このデータを見る限り疑ってしまいます。


●なぜ検査件数を抑えたいのか?
ここからは完全に個人的な見解です。

(PCR検査をさせない理由)
町医者が検査を勧めない理由:
陽性と分かった患者が立ち寄った施設は二週間閉鎖されるから。
もしも閉鎖されれば新型コロナ以外の患者さんも医療を受けられずパニックになってしまいます。

保健所が検査を断る理由:
類似の症状が多すぎて全てを捌き切れない。
陽性であれば軽症の患者も伝染病対応施設で対処しなければならず、重症化したケースのみをトリアージしないと今後感染が拡大した場合、重症患者への治療ができないと予想している。

国が検査を偽る理由:
保健所の理由に加えて、対外的に制作の失敗により病気が蔓延した国と思われたくない。 
オリンピックを開催するために患者数を増やしたくない。
蔓延状態で経済がストップして大混乱が起こることを避けたい。



上記のようにPCR検査の実態を偽装している可能性について記述してきましたが、もし既に国がパンデミック状態を避けられないとしたら、個人的には国や保健所の策が間違いだとも言い切れないと考えています。

報道では新型コロナウイルスを「新型肺炎」と呼んでいますが、80%は軽症で、一部の重症化した方が肺炎になるウイルスです。
もし軽症の人も全て検査にかけてしまったら、伝染病に対応できる病床はすぐに一杯になってしまう危険性があります。
重症化した人達から順に命を守ることを最優先にするならば、重症かした人のみをトリアージして検査を実施する必要があるのかもしれません。

落ち着いて今後も状況を注視していきたいと思います。

*もし情報に重大な誤りがあった場合はTwitterにてご指摘ください。
スポンサーサイト



Amazon商品一覧

QRコード

QR