プロフィール

雨蘭

Author:雨蘭
漫画家。
1999年 快楽天星組でデビュー。(当時別ペンネーム)
2002年 松文館より初単行本「感じる年頃」発行。

2005年に雨蘭としての活動を休眠。
その後、別ペンネームにて主に青年誌で活動し、その間に単行本8冊刊行。
2009年から雨蘭としての活動を再開。2011年ヤングアニマル嵐で「無邪気の楽園」連載開始。現在までに10巻刊行。連載中。

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

ホクロ診断

Category : 雑記
気になるホクロが2つあるので皮膚科を受診してきました。

1つは口ひげの中。

口ひげのホクロはやや大きく出っ張っているので髭剃りの時に必ず切ってしまう。
それが嫌なので常に髭を伸ばしていて、
二十歳以降で髭を剃ったのは数えるほどしかありませんでした。
出っ張ったホクロは年とともに大きくなるというので
常々取ってしまいたいと思っていました。

もう1つは足の裏。

足の裏にホクロができ始めたのは5年くらい前から。
はじめは微かに色がある小さな点だったが、
平滑だが直径4ミリほどのハッキリと黒いものになったので
もし悪いものなら小さいうちにとっておいたほうが良いと思ったのです。

ホクロのガンの発生箇所で圧倒的に多いのは足の裏らしい。
そもそも足の裏や手のひらにはメラニンが発生しにくく、
黒人でも手のひらや足の裏はけっこう白いのに、
そこにメラニンの集合であるホクロが出来るというのが不自然なことだ。

さらに足の裏は生活の中で絶えず刺激し続ける箇所なので変異しやすいという。
これはあくまで一説で、原因は他にもあるようだが心配性の俺としては気になる。


で、近所の皮膚科でホクロの検査と除去を得意としている医院を探して行ってきました。

行ったのは美容外科もやっている女医さんのクリニック。
美容系なので最新のCO2レーザーを導入しているというのが決め手だ。

検査はダーモスコピーというルーペのようなもので覗くだけ。
「はい 足のは大丈夫なパターンですね。
 顔のも問題無しですが、出っ張ってるので取りたければ保険適応でいけますよ」

ということで明日、顔のホクロ取ってきます。
麻酔打ってレーザーで5分くらいジリジリと削り取るそうです。(^^;ひゃ〜



中学生編について。
ネットなどで悲観や憶測などを含め、みなさんのご意見を目にしておりました。
私が目にした範囲では肯定的なご意見の方が多かったと思うので静観しておりましたが、
ツイッターで中学生編についてご質問があったのでここでお答えします。

中学生編は物語の時が進み始めた頃(9巻)には既に構想していて、
成長した同級生たちを見て帰ってくるという3話構成の予定でした。
サブタイトルに「思春期の楽園」1〜3とナンバリングしてあるのがその証拠です。

更に、私は前倒しで原稿ストックを提出するスタイルなので
思春期の楽園1のアンケが届く頃には
思春期の楽園3の原稿は描き上がってました。
評判が悪かったから小学生に戻した訳でも
無計画に迷走してる訳でもありませんよ。(^^

ご質問者さんも中学生編を気に入っていただけたようなので
やってよかったと思いますし、今後の小学生での展開も期待して頂けたらと思います。

簡易VRやってみた

Category : 雑記
ネームが上がりました。
ってかほぼ即オッケーもらえました。

なので今日から作画せにゃならんのですが、、、
ちょこっとサボっちまったです。

原因はこれ。



ご存知の方も多いでしょう。
簡易VRです。

家の近くの店で1200円だったので物は試しと買ってみました。
付属のQRコードで100種類以上のVR動画が見れるというもの。
動画のコンセプトは擬似観光や擬似絶叫系で、360°VRが体感できるとのこと。

360°VRとは、スマホ本体(顔)の向きに応じて全方位見渡せる動画の事です。
PS VRと同じあれです。

んで、まず第一印象は

…おや?画質が荒いぞ!

輪郭がぼやけて薄くモヤがかかったような動画ばかりです。
拡大して接眼しているので普通は肉眼で確認できないディスプレイの網目が
完全に見えてしまっていたので、そもそもiPhone7で表現できる
限界を超えているようです。

ただ、レンズを外して見てもややクリアリティにかける画質だったので、
希望を捨てず付属以外の動画を探してみることに。

まずはジェットコースターの動画を物色。
360°VRはどれも同じようなものでしたが、
対応していないフィックス画角の動画でそこそこクリアな動画を発見。
つまり画質はソフト側にあるということ。
期待に胸が膨らみます。

さて、本題はここから。
アダルト動画です!

検索で引っかかる程度のものをいろいろと見ました。
、、、で、気づきました。
VRには大きく分けて4つのタイプがあると。

1つ目は画角、カメラ固定で両眼視差も無い。
2つ目は画角固定だが、両眼視差がある。
3つ目は360°対応だが、両眼視差がない。
4つ目は360°対応で、両眼視差もある。

そして多くのアダルト系動画が2か3であり、
海外製は2、日本製は3に偏っているということ。
そして残念ながら4はなかなか見つからないということ。

また、2は比較的クリアな映像だが、3はぼやけがちでした。
もしかしたら同程度の画質でも視差で輪郭を脳が補完することで
クリアに見えてるのかもしれません。

海外製のは主に男が寝ていて、
女が画面中央のちんぽを咥えたり乗っかったりするパターンで、
正直すぐに飽きます。
ただ、両眼視差がある3D映像なのでリアリティがエグいのに
画面がフィックスなので3D酔いしないというメリットがあります。
(画角固定でカメラが動く動画は半端なく3D酔いします。)

日本製のは体験型というか臨場感を楽しむといった感じのが多く、
楽しむことはできますが、画像がボケていたり両眼視差がないので
没頭はできません。

そんな中で、貴重な4動画をユーチューブで発見しました!
エロではないんですが、セクシー女優がメイド服で
イチャイチャ感たっぷりに谷間見せたりキスしてくる動画です!
検索すればすぐ出てくると思います。

普通の動画見てるだけだと「こんなもんが?」と思うかもしれませんが、
クリアな画像で顔がググッと近づいて来たとき、
正直…胸がドキドキしました。

ヴァーチャルってこれかー! という感じ。
一昔前まで、アダルトビデオもビニ本も誰かの秘部を
覗き見する行為だったと思うんだけど、
VRは確実に擬似体験だと、実感しました。

…この技術が発展していいのだろうかという不安と疑問を抱きつつ…
今後の発展に期待ですね!

目がつらい

Category : 雑記
作画をフルデジにしてる人の目は丈夫なんだろうか?

俺はトーンの仕上げだけデジタルで仕事してるんだけど
それだけでも目の疲れが酷いのに
ペン入れや下書きからデジタルで仕事してる漫画家さんは
余程目が強いか、苦痛に耐えてるんじゃないだろうか?

今日から単行本の表紙絵をパソコンの液タブで描いているんだけど、
トーン仕上げの後なので目の疲れが抜けておらず、
乱視とカスミ目でなんかもう大変!

やっぱり俺は紙原稿で仕事すべき人間のようだ。


ところで昨夜、夏コミの申し込み出しました。
4回ぶりなので当選するかわからんけど
スペース取れたらよろしくお願いします。

どんなグッズ出すか決めかねてるので
申し込みには本の他に適当に
大きめのもの、中くらいのもの、小さいものを
1点ずつ書き連ねました。
何にしようかな〜。

3月掲載分の原稿アップ

Category : 雑記
無邪気の原稿がやっとアップしました。
今回は人物が多くてめちゃ時間かかったなぁ〜。


んで、
原稿があがったので最近気になっていた証明問題をときました。
パース(図法)について色々考えていたら
図形のある性質について疑問が湧いて、
ずっとモヤモヤしていたんです。

パースを知ってる人なら当たり前に思える作画法の応用なんですが、
なぜそうなるのか、なぜその点とその点が一致するのか、
図形として考えるととても難しく、説明ができないんです。

数学の定理を紐解いてもダイレクトな定理は見当たらず、
相似や角度を用いて証明すべきか、
ベクトルや三角関数でとくべきか、
色々迷った結果、関数で証明に成功しました!

証明には関係する7本の直線と座標をすべて代数で表す必要があったので、
めちゃくちゃ長い方程式をひたすら解き続けて、
目的の座標を求めるまで40行以上かかりましたが、
数字がぴったり合った時はめちゃくちゃスッキリしました!

計算自体は簡単な一次関数なので力技なんですが、
誰かに問題として出題されたわけでも、
解が用意されていたわけでもないので、
本当に一致するのか、自分の仮説は正しいのか疑いつつの検証でしたが、
もしかしたら誰も証明したことのない定理?かも?
とか思うととてもワクワクしました。



ずっと前にパース定規を開発した時と同じような興奮を味わえて
やっぱり自分は理系頭だなぁとつくづく。

久しぶりに数字で遊んだけど、めちゃ楽しい〜!


コピー用紙の裏紙使ってるので絵が裏写りしちゃってますねw
これ、3月掲載分の絵です。ネタバレしないように写真小さくしました(^^;

ちなみに、ミスや試し算などで、写真の他に2倍くらい計算用紙使いました。
暇人か!w

白泉社新年パ

Category : 雑記
白泉社新年パーティー行ってきました。

毎年顔を合わせる方々からお初の方、
お初なのに偶然知り合いの知り合いだった方まで
夜通しお話できて楽しかったです。
みなさんありがとうございましたー!

2次会で帰られてた方の中にも
もっとお話したかった作家さんもいらして残念だったりしましたが
またの機会にお話できたらいいな〜。
このブログ読んでくれてるって言ってたから届きますように。^^


そしてまたいつものことですが、、、
深夜のハイテンションで放った過言失言の自意識から
今日は朝から凹んでました。

眠気と酒のせいにして免罪というわけにはいかないでしょうが、
絡んだ方々、昨夜の俺のことはどうか綺麗さっぱり忘れてください!!


それにしても
この2年ほど朝方生活にしているせいか、年齢のせいか、
オールは眠い!まじで。
来年はテンションを少しセーブして挑もう…。

Amazon商品一覧

QRコード

QR